塩分摂りすぎで糖尿病??

河北新聞に掲載された記事に、こんなものがありました。

<山形大>塩分過多 糖尿病リスク大きく | 河北新報オンラインニュース

塩分の取りすぎが糖尿病リスクを増大させる、ということが、米沢市民対象のコホート研究の一環の調査で分かった、というもの。

???

なんだか?

塩気の多いものが好きな人は食が進む、ゆえに食べ過ぎがち、ゆえに糖尿病発症者が多くなる、というのならわかるのですが・・・

この調査結果からの糖尿病リスクの考え方って、要は「糖尿病患者群の塩分摂取量が、そうでない群の摂取量よりも多かった」という根拠のようですが、「逆もまた真なり」的な発想ではないですかね。

ちょっと短絡的じゃないかなぁ・・・

確かに東北各県の塩分摂取量は多いという話はよく聞きます。

厚労省の国民健康・栄養調査のでは、食塩摂取量の平均値の多い県はやはり東北各県です。

でも、2014年の「都道府県別糖尿病死亡率ランキング」(糖尿病ネットワークより)を見ると、1位は徳島、2位滋賀、3位愛知。

宮城は10位に出てくるくらい。

もし食塩摂取量と糖尿病リスクの相関関係があるなら、この辺にも出てきていいと思うんですけどねぇ。

と、ちょっと突っ込みたくなったもので・・・

ああ、仕事せねば。

スポンサーリンク


ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村


シェアする

フォローする