指先挿入だけでわかる事が増える

シャープがこんな発表をしてました。

老化物質のひとつである「AGEsエージーイー(最終糖化産物)」の体内蓄積レベルを指先で簡単に測定」

AGEsセンサ<RQ-AG01J>を発売

(写真はシャープのリリースページより)

またまた「指先挿入」だけで測定できる、という測定器が登場。

指先に着けて血中酸素量や脈拍などを測定できる機器は、だいぶ前から医療現場で導入されてますし、血糖値が測定できる「KETTO」(開発中)や、体内の糖質の推移がわかるという「caboc」(こちらは発売中)なども登場して、世の中痛い思いをしなくても色々とわかる時代になったな、と思っていたのですが。

まさか「AGEs」まで測れるようになるとは。

以下、抜粋ですが、

本機は、左手中指の先を測定部に挿入するだけで、AGEsの蓄積レベルを簡単に測定することが可能です。血液の採取が不要で、30~60秒と短時間で測定できます。AGEsには様々な種類がありますが、一部のAGEsは、光を当てると発光するという特性を有します。本機はその特性を利用して、指先に近紫外光を照射し、体内のAGEsが発した光の量を測定・解析することで蓄積レベルを算出。スコア化してA~Eの5段階評価で表すほか、同世代と相対比較した順位(1~100位)を目安として示します※4。また、付属のプリンタで測定結果を印字することもできます。

これはこれで驚きの商品。

いったいいくらになるんでしょうか?

シャープとしては、個人購入ではなく、医療機関や薬局薬店などの医療関連機関での利用を前提としているようですが、パッと指を差し入れるだけで「あなたはAGEsが多いです」なんて言われた日には・・・ちょっと怖いかも・・・

でも、知るべきことは早めに知っていた方が良いので、やはり早期の発売や関係各所での導入を期待したいところです。

スポンサーリンク


ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村


シェアする

フォローする